vol.16

ロボットとわたし|2019

gcom_vol17.jpg

1920年、チェコの劇作家カレル・チャペックは戯曲『R.U.R.』で、世界で初めて「ロボット」という言葉を生み出した。
その30年後、アメリカの小説家アイザック・アジモフは「ロボット三原則」を小説の中で編み出した。
世界的ロボット戯曲と、ロボット小説との怪しげな邂逅。
G.comワールド全開で挑む、妄想型ロボット大河ドラマ。
現代を生きるすべての人のための、「人間」と「ロボット」、「生命」と「愛」のお伽噺。

脚本・演出三浦剛  

inspired byカレル・チャペック『R.U.R.』アイザック・アシモフ『I, Robot』

 

出演 佐藤晃子(演劇ユニットG.com)、根本こずえ(演劇ユニットG.com)、志村史人(劇団俳優座)、古口圭介(演劇組織「夜の樹」)、野口雄介(スターダス・21)、園田シンジ、吉田朋弘、和田周(演劇組織「夜の樹」)、シマザキタツヒコ、河原舞(ゲッコーパレード)、近藤陽子(劇団AUN)、杉山果穂、山本祐路、酒井実鈴(明治座アートクリエイト)、肥後遼太郎、神原梨花

2019/03/27 (水) ~ 2019/03/31 (日)

ウエストエンドスタジオ